2006/03/03

オオイヌノフグリの群生

我が家の庭の一角に 群生している

オオイヌノフグリ。



3年ほど前、園芸店でかわいい青色の花を見つけて

ポピーの寄せ植えのコンテナに 

挿し色として ポットの苗を 1つか2つ植えた。



メインのアイスランドポピーはすでに消え

寄せ植えの素材としての

オオイヌノフグリ(もっとかわいい名前がついていたと思うのだが・・・。)

だけが こんもりと茂り


とうとうコンテナに収まらなくなって

じかに植えたものが もっと茂ってこうなったのである。




本当に いつも青々としていて

寒くなったらなったで

赤紫色にちゃんと紅葉しながら

ますます元気に増殖している。




グラウンドカバーとしての役割を

すでに超えてしまい

あらゆる草木を覆い尽くさんばかりである。




いったいどこまで 増えるのか?



ただ 春先に小さな花をつけるときは

一斉に青くなり

そこら一帯が ふかふかの青色のじゅうたんのようになる。




これは なかなかの見もので

思わずそのふわふわした青色にみとれてしまうのである。




少しずつ春の近づく気配を感じながら

また あの青色のじゅうたんが見られると思うと

なんだか 胸がワクワクしてしまう。




春の 霞むように薄青い空を切り取ってきて 

地面に貼り付けたような

不思議な空色のじゅうたんが見られるのも

後もう少しか。

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home